手動パチンコがまさかの登場

ハンドルをひねるだけで玉が飛び出る電動パチンコが当たり前の世の中ですがこのたび新規参入する(株)A-gonは手動(手打ち式)という昭和の時代に逆戻りの台を出してくるそうです。

遊戯日本様より引用
(株)A-gon(金子亮太代表取締役)の日工組加盟が正式に承認されました。公には5月25日開催の日工組総会で発表される見込みです。

同社が鋭意開発中とされる噂の手打ち式(ハンドル)パチンコ機は今年秋から冬頃に登場するとの説も。

-----sponsored link-----

手打ち式パチンコとは

手打ち式パチンコ
こんな感じでゲージは今とあまり変わりません。
液晶も搭載するかもしれません。

動画だとこんな感じです。

ストロークが定まらないのと手が疲れるだけ。
ガッチガチに釘が閉まってますねw
これなら電動ハンドルでいいから今のようになりました。

上の動画だけを見たらつまん無さそうに見えますが、
ちなみに手打ち式パチンコにはこういうのもあります。

何と打ち出し口とは異なるボタンがあり、役物の開閉を操作してます。
役物を開けて入賞させるとチューリップが数秒間開きます。
その間に玉を入賞させて増やすわけです。
つまり役物の開閉が技術介入となります。

享楽が作ったと言われればアレですが、これは打ってみたいですね。
今の規則で出来るかどうか不明ですが、2015年にもなってどういう機械が出来上がるのでしょうか。

手打ちじゃなきゃ駄目というゲーム性ならひょっとするかもしれません。

-----sponsored link-----

そういえばカイジに出てくる沼を再現した人もいますが、

こういう射幸性のある作りになってくれる事に期待します。

-----sponsored link-----