CRブラックラグーン2のホール実践動画(PシュランNana)

PICHELIN【DSG.ch】第98回

実践人:Nana
Nana

実践パチンコ台:CRブラックラグーン2

-----sponsored link-----

機種説明

『CRブラックラグーン2』は、高い爆破力とスピーディなゲーム性で人気を博した『CRブラックラグーン』の2014年バージョン。

好評だった前作のゲーム性を継承しつつ強化。とくに高確率状態の“キリングゾーン中”に発生する「バウンティバトル」は、対戦相手が強敵なほど危険度は高いが勝利時の報酬(ボーナス)も高くなるといった斬新なバトルシステムが組み込まれている。さらにゲーム性だけではなく、見た目のインパクト、役物アクションなどすべての領域で前作を凌駕している。

スペックは 大当たり確率 約1/394.8(高確率 約1/39.5)確変突入率77%、時短振り分けタイプとなっており、マックスバトルタイプを代表するような仕様である。とりわけ、「キリングゾーン中」の大当たりの52%が16R。出玉にすると約2400個にもなり、現行機種では最高峰の爆発力を誇る。

初当たりのハードルは高いが、展開によっては、一発逆転や大勝が狙える超攻撃的スペックといっていいだろう。

ゲーム性の中心となるのは5大演出。とくに「ゲットレディ予告」「ピンク豹柄」「ハイバードクロギミック」が複合すると激アツ。そこに本機種最強の「ヘヴンズバトルリーチ(3D Ver)」に発展したら大興奮だ。特殊演出の「バイオレンスステージ」もアツい。

モチーフとなった原作「ブラックラグーン」は単行本の累計発行部数は500万部を超え、さらにはテレビアニメとして2006年4月より放映。また、2010年にはOVAとして発売されている人気コンテンツだ。タイの架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、荒事も請け負う運び屋と、いわゆる裏社会に属する組織や人物達が繰り広げるクライムアクション作品は爆発力の高いパチンコ機種にぴったり。

-----sponsored link-----

消化スピードも速く、爆発力も高いが、その分はまりも深く、大敗するリスクも当然ある。それを避けるためにも通常時の回転率を重視したい。また電チューサポートなしの「フライフェィスゾーン」突入時は高確率の可能性があるので即ヤメは厳禁となる。

NIFTY

-----sponsored link-----