スロットでAT・ART禁止?規制内容は?どうしてこうなった?まとめ

突然スロットに規制が入りました。
以下はその規制内容です。

9月16日の保通協申請持ち込み分から、出玉試験の下限(出率55%)試験を、ずっと左打ち(順押し)にしてナビも無視する試験にすると警察庁から話があったようだ。
同関係者によると、「結果的に、現行AT機、ART機(ボーナス非搭載や、ボーナスが主でない機種)は、実質計算が成り立たたなくなるため、試験が通らない。通常から1000円あたりのゲーム数を45ゲームぐらいまで上げないと、下限規制をクリアできない」という。

現在、主流の仕様が今後は販売できなくなるだけに、パチスロ市場に与える影響は甚大になること必至だ。

-----sponsored link-----

引用元:遊技日本様より

また今回こうなった原因は一説によるとJPSのあの台だそうです。

ちなみに今回の件、一部でJPSのドリームジャンボが引き金になった言われてます。

私が聞いている範囲ではこの機械の設定Jとかいう出率150%とかモーニング機能付きとか言われている(メーカー公表無し)怪しい設定が、何らかの方法で保通協を騙して通していたようで、それが今回ばれたからという話を聞いています。

これが本当かどうかはわかりませんが、射倖性をそそる恐れがあるという指摘を受け、パネルデザインの変更(ゲーム数表記を賞に変更)をしたくらいですから問題になっていたのは事実ではないでしょうか。
ただこれ以前にART自主規制やらで、そもそもなにやってんだとずっと言われていた訳ですから、来るべき時がきてしまったというほうが正しいかも知れません。

また暗黒時代の到来ですね。

引用:パチンコ業界イカレ日記様より

-----sponsored link-----

誰も望んでいないようなJPSの5999乗せ台で業界全体に迷惑がかかってしまったというのは残念な話です。

9月16日からということは今から準備している台はほぼ作り直しが予想されます。そのためしばらく新台が出てきません。それを見越してかブラックラグーン2は発売延期となりました。
新台が出ない時期に出すことにより市場を独占しようという考えでしょう。

打ち手目線ではこういう意見がありました。

つまりハイエナ専業が社会復帰して健全化されるわけですね。
またこういう見通しを立てています。

ゲーム数解除などが自由に作れるAT機みたいな台には当面ならないはずです。
ハイエナによる技術差はつきにくくなると考えられます。

5号機初期のような状況に戻っても、5号機初期のように簡単に拾えない
事を今ハイエナで勝っている人は理解しておくべきです。

それと「通常から1000円あたりのゲーム数を45ゲームぐらいまで上げて」無理矢理ARTを作ったとしてもハイエナ的には時間効率の悪化となり、これまでと同じ収益を上げるのは不可能となります。

新台が売れないとなるとその分ホールでは設定が入ると思いがちですが・・・

新台を買う必要がないので、店は設定を入れられるようになる(だから設定狙いが効果的)。

現実は全く違うと思います。
しばらくは新台が出ないのでそういう状況かもしれませんが、将来的には普通に新台が出て、ベタピン営業でこれまで通り客が飛ぶはずです。

何故ならこういう規制があっても、台の役物や演出をこれまで以上に派手な新台が登場するだけですから。
そう、4円パチンコの惨状を数年遅れてトレースすると思ってます。

そもそも5号機初期と違ってイベント規制がありますので、設定を入れて新しい規制台をアピールとはならないはず。

スロットに新規制でAT機とハイエナは死亡(メタボ教授のパチスロ研究室より引用)

さてこれからどうなるのでしょう。続報を待ちたい所です。

-----sponsored link-----